Free2年ぶりの甲子園懸け、高校野球青森大会開幕

【青森西―八戸工】9回八戸工2死満塁、走者一掃の劇的なサヨナラ打を放った七役大(手前左)が拳を突き上げながらベンチに駆け寄り、ナインが喜びを爆発させる=13日、六戸メイプル
【青森西―八戸工】9回八戸工2死満塁、走者一掃の劇的なサヨナラ打を放った七役大(手前左)が拳を突き上げながらベンチに駆け寄り、ナインが喜びを爆発させる=13日、六戸メイプル

球児の夏始まる―。第103回全国高校野球選手権青森大会が13日、開幕した。昨年は新型コロナウイルスの影響で大会が中止となったため、甲子園への出場権を懸けた夏の戦いは2年ぶり。球児たちは、聖地を目指せる喜びをかみしめ、一投一打に全力を尽くした。

 同日は青森市のダイシンベースボールスタジアム(青森市営)など、4球場で1回戦8試合が行われ、高校最後の夏に臨む3年生を中心に球児がプレー。土壇場での逆転劇やコールドゲームなど、悲喜こもごものドラマを繰り広げた。

 球場の収容定員の約5割を上限に観客の入場も認められ、各校の応援ブラスバンドの音色も響き渡った。

 大会は順調に日程が進めば、26日に同スタジアムで決勝が行われる。

※試合速報はスポーツサイトDashで。https://www.dt-dash.com/

お気に入り登録