ミャンマー無医村で奔走 日本人医師「一緒に希望を」

 ミャンマー中部の小学校で、子どもたちに歯磨きを教える名知仁子さん(右端)=6月(本人提供・共同)
 ミャンマー中部の小学校で、子どもたちに歯磨きを教える名知仁子さん(右端)=6月(本人提供・共同)
ミャンマーの無医村で、日本人医師の名知仁子(なちさとこ)さん(58)が巡回診療と保健指導に奔走している。2015年から本格的に活動を開始。今年2月のクーデターによる混乱で人々の生活が困窮する中でも「一緒に未来への希望を見いだしたい」と語る。.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録