「服のチカラプロジェクト」に参加/五戸小

児童が難民支援について考えた出前授業
児童が難民支援について考えた出前授業
五戸町立五戸小(中村文雄校長)が、着なくなった子どもの服を海外の難民に送る「届けよう、服のチカラ」プロジェクトに参加している。7日には、プロジェクト実施主体の「ファーストリテイリング」(山口市)が展開するユニクロの社員が同校で出前授業を行い.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録