Free【ワクチン接種】基礎疾患者の申告受け付け 八戸で始まる

64歳以下の新型コロナウイルスのワクチン接種で、八戸市は12日、基礎疾患がある人の申告受け付けを開始した。初日は電話回線などがやや混み合う時間帯があったものの、目立った混乱はなかった。

 同市では基礎疾患がある人の場合、専用コールセンターや市のホームページにある申請フォームから申告すると接種券が送付され、接種券を受け取った後に個別接種か集団接種を予約する手順となっている。

 市保健所によると、コールセンターは午前9時の開始とともに電話が集中したが、正午前には混雑が解消。インターネットは、画面の読み込みに時間が掛かる時間帯もあったが、サーバーダウンなどのトラブルはなかったという。

 基礎疾患がある人の個別接種は市内97医療機関で対応する。対象者や予約方法は各医療機関で異なるため、市のホームページや接種券に同封される受託医療機関一覧で確認が必要。集団接種は7月27日から予約を開始し、8月2日から市総合保健センターで接種を始める。

 それ以外の12~64歳の市民へは7月26日に一斉に接種券を発送。安定したワクチン供給が見込めないため、予約開始日は未定となっている。

お気に入り登録