反核座り込み終われぬ長崎 高齢化、コロナも不屈42年

 長崎市の平和公園で「反核」を訴え座り込みをする被爆者ら=9日
 長崎市の平和公園で「反核」を訴え座り込みをする被爆者ら=9日
長崎原爆投下の1945年8月9日にちなむ毎月9日、長崎市の平和公園で、被爆者らが「反核」を訴える座り込みを続けている。原子力船入港への抗議運動に端を発した運動は、高齢化や新型コロナウイルス禍にも屈せず42年を超えた。今年1月には核兵器禁止条.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録