原発避難の町にアーカイブ 福島・富岡、震災語り継ぐ

 展示されている、津波で流されたパトカー=11日午前、福島県富岡町
 展示されている、津波で流されたパトカー=11日午前、福島県富岡町
福島県富岡町で11日、東日本大震災や東京電力福島第1原発事故の記憶を語り継ぐアーカイブ施設が開館した。中心部が原発10キロ圏の同町は2017年まで全町避難しており、津波に流されたパトカーなど約430点を展示している。 開館した「とみおかアー.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録