中朝首脳、関係強化確認 友好条約60年で祝電交換

【北京共同】中国の習近平国家主席と北朝鮮の金正恩朝鮮労働党総書記は11日、中朝友好協力相互援助条約の締結60周年に当たり祝電を交換した。両国の国営通信社が伝えた。両首脳は「血で結ばれた友好」と条約の意義を確認、一層の関係強化に意欲を表明した.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録