【福島も無観客開催】伝えられない被災地の今 理念かすむ「復興五輪」

 JR福島駅に掲げられた懸垂幕=6月
 JR福島駅に掲げられた懸垂幕=6月
新型コロナウイルスの感染再拡大で首都圏、北海道と相次いで会場が無観客となる東京五輪は、開会式に先駆けて競技が始まる東日本大震災と原発事故の被災地福島も一転、無観客開催が決まった。大会招致のため利用された「復興五輪」の理念はコロナ禍でかすみ、.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録