青森県南、コロナ禍で自治体病院の経営悪化 受診控えが経営難に拍車

新型コロナウイルスの感染拡大により、青森県南地方の自治体病院の経営状況が悪化している(写真はコラージュ。左上から時計回りに七戸病院、五戸総合病院、南部町医療センター、三戸中央病院)
新型コロナウイルスの感染拡大により、青森県南地方の自治体病院の経営状況が悪化している(写真はコラージュ。左上から時計回りに七戸病院、五戸総合病院、南部町医療センター、三戸中央病院)
新型コロナウイルスの感染拡大により、青森県南地方の自治体病院の経営状況が悪化している。特に、都市部以外に立地する病院の多くが慢性的な医師不足や人口減少で赤字が恒常化しており、来院時の感染を警戒する患者の受診控えが経営難に拍車を掛けている状況.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録