呼吸保護具の選定方法見直し 原燃、規制庁の指摘受け

日本原燃は9日、使用済み核燃料再処理工場(六ケ所村)の作業で使用するマスクなどの呼吸保護具に関し、原子力規制庁の指摘を受けて着用時の選定方法を見直したと明らかにした。 保護具は半面や全面のマスク、給気式のエアラインマスクなど数種類ある。作業.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録