【聖火リレー】公道走行見送る自治体相次ぐ 盛り上げ効果は尻すぼみ

 東京五輪聖火リレー
 東京五輪聖火リレー
開幕まで2週間となり、五輪の聖火が9日、開催都市の東京都に入った。「希望の道を、つなごう」とのコンセプトで始まった聖火リレーだが、新型コロナウイルスの感染状況悪化を受け、全国的に公道走行を見送る自治体が相次いだ。都内でも行われるのは島しょ部.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録