久慈で複数の恐竜の化石見つかる アジア初の発見も

「リカルドエステシア」の復元画。体長1~2メートルと、肉食恐竜では小型の部類という((C)2021小田隆画/久慈琥珀博物館)
「リカルドエステシア」の復元画。体長1~2メートルと、肉食恐竜では小型の部類という((C)2021小田隆画/久慈琥珀博物館)
久慈琥珀博物館(久慈市)などは9日、同市の白亜紀後期(約9千万年前)の地層から、肉食恐竜「リカルドエステシア」と「パロニコドン」の歯の化石が見つかったと発表した。同市ではこれまでにティラノサウルス類などの化石も発見されており、白亜紀後期の多.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録