青森県「景気の山」18年11月に設定 72カ月間の拡張局面は戦後最長

青森県は8日、県内経済の後退局面の始まりに当たる「景気の山」を2018年11月に暫定的に設定したと発表した。12年11月とされる「景気の谷」からの拡張局面は現時点で72カ月となり、戦後最長になる見込み。 国が昨年、18年10月を全国的な景気.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録