時評(7月9日)

三菱電機が、鉄道車両用の空調機器や、ドア開閉やブレーキに使う空気圧縮機の検査で不正を行っていた。 空調機器の検査不正は35年以上にわたって行われていた疑いがある。しかも不正判明後に開かれた株主総会に報告もしていない。情報開示をあえて遅延させ.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録