驚異の60本塁打ペース 大台に挑む大谷

 レッドソックス戦の5回、32号本塁打を放つエンゼルス・大谷=アナハイム(共同)
 レッドソックス戦の5回、32号本塁打を放つエンゼルス・大谷=アナハイム(共同)
エンゼルスの大谷はチームの今季86試合目で「松井超え」を果たした。年間60本塁打という驚異的なペースで、日本勢初の本塁打王の偉業とともに数字に注目が集まっている。 メジャー公式サイトによると、オールスター戦前までの最多本塁打はバリー・ボンズ.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録