青森県、盛り土など開発行為の調査実施へ 土砂災害警戒区域1100カ所 

静岡県熱海市の土石流災害を受け、青森県の三村申吾知事は8日、土石流の恐れがある県内の土砂災害警戒区域(約1100カ所)付近で開発行為が行われたかについて、市町村に報告を求めていると明らかにした。 7日、県内31市町村に対し、16日までに報告.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録