【十和田市議会百条委】多数派が数で押し切り 市民納得できる説明を

十和田市議による市職員へのパワハラの有無を審議してきた市議会百条委は、「民主主義の原則に従って」(工藤正廣委員長)、最終的に多数決でパワハラがあったと結論付けた。しかし、当事者双方が疑惑を否定し、百条委の発議者からも不当圧力の明確な証拠が示.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録