不発弾を水中爆破 八戸港

八戸港で行われた不発弾の水中爆破処理。爆破の衝撃で大きな水柱が上がった=7日午後1時ごろ
八戸港で行われた不発弾の水中爆破処理。爆破の衝撃で大きな水柱が上がった=7日午後1時ごろ
三沢沖の太平洋で4月に発見され、八戸市の鮫角灯台から北西約3キロの八戸港の第1中央防波堤付近に保管されていた不発弾について、八戸海上保安部などは7日、水中爆破処理を実施した。海上自衛隊大湊警備隊水中処分隊が作業に当たり、爆破直後には高さ約5.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録