【ワクチン接種】八戸市が接種枠縮小 供給量減受け体制見直し

新型コロナウイルスのワクチンの供給量が全国的に低迷していることを受け、八戸市は7日、64歳以下の接種スケジュールを一部見直す方針を明らかにした。一週間当たりの接種人数の枠を縮小して対応する。基礎疾患がある人の受け付け開始日や、それ以外の12.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録