【松坂投手引退】伝説数々「平成の怪物」 

 1998年8月、全国高校野球選手権大会の決勝でノーヒットノーランを達成、ガッツポーズする横浜高の松坂大輔投手=甲子園
 1998年8月、全国高校野球選手権大会の決勝でノーヒットノーランを達成、ガッツポーズする横浜高の松坂大輔投手=甲子園
日米で通算170勝を挙げ、国際大会でも活躍したプロ野球西武の松坂大輔投手がついにユニホームを脱ぐ決断をした。「平成の怪物」と称された剛腕からは数々の伝説が生み出された。 誰もが知る存在となったのは神奈川・横浜高3年だった1998年8月の夏の.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録