Free七戸町がゼロカーボンシティ宣言 自然エネルギーの導入促進

ゼロカーボンを表明した小又勉町長=7日、七戸町役場
ゼロカーボンを表明した小又勉町長=7日、七戸町役場

七戸町は7日、2050年までに二酸化炭素の排出量実質ゼロを目指す、ゼロカーボンシティ宣言を行った。青森県内では県や八戸市に続き3カ所目。自然エネルギーの利活用などを推進する。

 国では脱炭素化を表明した自治体をゼロカーボンシティと定義。50年までの目標として温室効果ガスの排出ゼロを掲げ、全国の自治体に協力を求めてきた。

 同日は町議会臨時会で小又勉町長が「ゼロカーボン」を表明。その後の会見で、太陽光や風力などの自然エネルギーの積極的な活用を図る方針を明らかにした。

 小又町長は「これまでも町では省エネなどの取り組みを行ってきたが、さらに前へ進めていくつもりで脱炭素を目指す」と述べた。

お気に入り登録