【18年西日本豪雨】303人犠牲、もう二度と 広島、岡山で追悼式

 岡山県総社市の追悼式で黙とうする参列者ら。左から2人目は伊原木隆太知事=6日午前
 岡山県総社市の追悼式で黙とうする参列者ら。左から2人目は伊原木隆太知事=6日午前
14府県で303人が犠牲になった2018年の西日本豪雨は、最初の大雨特別警報が出て6日で3年となった。広島と岡山の被災地で追悼式が開かれ、遺族らは避難や防災への取り組みを誓った。81人が災害関連死で、この1年に両県の7人が認定された。平成最.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録