救急現場に新型止血帯 東京五輪・パラでのテロに備え

 新型止血帯「ターニケット」の使い方
 新型止血帯「ターニケット」の使い方
東京五輪・パラリンピックでテロが起きた場合、効果が期待される新型止血帯「ターニケット」が、全国の救急現場で急速に普及している。米軍が開発し、素早く出血を止めることができ、戦場での死亡率を激減させた医療器具。国内では2018年度以降に本格導入.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録