三浦哲郎を旅する。(6) 気になる「一の川」(おいらせ町)

三浦哲郎さんが『百日紅の咲かない夏』の舞台に選んだ一の川(おいらせ町一川目)
三浦哲郎さんが『百日紅の咲かない夏』の舞台に選んだ一の川(おいらせ町一川目)
「ところで、〈一の川〉がどうしても気になるのです」。芥川賞選考委員を務めるなど既に文壇で確固たる地位を築いていた三浦哲郎さんは、1989年2月6日消印のはがきで、八戸市の鷹屋敷雄太郎さん(2018年に83歳で死去)に、百石町(現おいらせ町).....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録