時評(7月5日)

八戸市が中心街で整備を進める新美術館の開館まで、4カ月となった。周辺エリアでは、民間による街区の再整備構想なども浮上。新美術館を核とした、にぎわいづくりへの機運が高まっている。 新美術館は、市が中心街で続ける集中投資の締めくくりの施設となる.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録