米IT製ソフトにサイバー攻撃 被害数百社以上、大統領が調査指示

【ワシントン、ロンドン共同】米国のIT企業カセヤが提供する企業向けソフトがサイバー攻撃の標的となり、利用する企業に被害が拡大していることが3日までに分かった。数百社以上が影響を受けた可能性もあり、ロイター通信などは同種のサイバー攻撃では過去.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録