ワクチン接種に急ブレーキ 自治体の予約停止も拡大

 自治体のワクチン希望量と国による供給量
 自治体のワクチン希望量と国による供給量
新型コロナウイルスワクチンの接種促進策が暗転している。市区町村は「ワクチンが来ない」と動揺し、予約の受け付け停止などが相次ぐためだ。高齢者の約2倍いる64歳以下という「本丸」へ態勢を拡充し事業を加速させる中、国が自治体の希望通りの供給はでき.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録