遺族「命日に教員研修を」 岩手、バレー部員自殺から3年

2018年、岩手県立不来方高(矢巾町)3年の男子バレーボール部員新谷翼さん=当時(17)=が、部顧問の叱責(しっせき)を一因に自殺して3日で3年が経過した。再発防止を訴える父聡さん(54)は、翼さんの命日に合わせた職員研修の開催を県教育委員.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録