世界水準のバリアフリー、地方は途上 都心も一過性懸念

 バリアフリー化されていない高松琴平電気鉄道の農学部前駅=6月25日、香川県三木町
 バリアフリー化されていない高松琴平電気鉄道の農学部前駅=6月25日、香川県三木町
世界水準のバリアフリー化を目指す―。東京五輪・パラリンピックを前に決意表明した政府に対し、障害者団体からは「地方が取り残されている」との声が上がる。都心では障害者の移動を助ける情報提供に力を入れてきたが、五輪に向けた一過性の取り組みで終わり.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録