【熱海の土石流】急傾斜地の防災に課題 集団移転制度も活用進まず

 静岡県熱海市伊豆山の現場近くに表示されている土石流への注意を呼び掛ける看板=3日夕
 静岡県熱海市伊豆山の現場近くに表示されている土石流への注意を呼び掛ける看板=3日夕
静岡県熱海市で大規模な土石流が起き、多数の住民の安否が分からなくなった。梅雨前線が停滞したことによる大雨に加え、上昇気流を生む急峻(きゅうしゅん)な地形も雨雲の発達に拍車を掛けたとみられる。山間地は急傾斜地が多く、災害リスクも高い。こうした.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録