「地元の伝統産業に誇りを」 南部美人・久慈社長が福岡工高で講演

ものづくりにおける企業哲学の大切さを強調した久慈浩介社長
ものづくりにおける企業哲学の大切さを強調した久慈浩介社長
二戸市の岩手県立福岡工業高(池田明宏校長)は本年度、地元企業の経営者らを講師に招いた「地域産業講座」(全5回)を開催している。2回目の6月28日は、同市の酒造会社「南部美人」の久慈浩介社長が「働くことの意義」と題し、同社が取り組む酒造りの挑.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録