衆院「10増10減」へ初会合 区割り審「厳正公正に」

 衆院選挙区画定審議会の会合であいさつする川人貞史会長(中央)=2日午後、総務省
 衆院選挙区画定審議会の会合であいさつする川人貞史会長(中央)=2日午後、総務省
衆院選挙区画定審議会(区割り審)は2日、2020年国勢調査の速報値公表を受け、衆院小選挙区の区割り見直しに関する初会合を開き、検討に着手した。新たな議席配分方法「アダムズ方式」を適用し、15都県で「10増10減」を踏まえた見直しが必要となる.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録