時評(7月3日)

衆院議員の任期が残り4カ月余となり、立憲民主党を中心に次期衆院選に向け野党間の連携強化への動きが活発化している。 立民は、4月の衆参3選挙で共産、国民民主、社民の各党との統一候補が勝利した成功体験を政権選択選挙となる衆院選で再現することを目.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録