天鐘(7月3日)

“暁の超特急”こと吉岡隆徳(たかよし)選手が1932年のロス五輪陸上男子100メートルで東洋人初の6位入賞を果たした。以来、何十人ものアスリートが花形競技の決勝進出を目指したが、いまだにその壁は破られていない▼中学生の頃、通信陸上の地方大会.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録