時評(7月2日)

イラン核合意の再建に向けた米国とイランによる交渉が重大な岐路に差し掛かっている。 交渉は「米国の合意復帰と対イラン制裁解除」と引き換えに、「イランによる合意破りの是正」が目的だが、米国がより長期的な新合意に向けた交渉を要求。反米政権の誕生が.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録