お気に入りの場所、タブレットで撮影 多賀台小児童が景観学習

街の景観を撮影する児童(左)
街の景観を撮影する児童(左)
八戸市立多賀台小(梅内太郎校長)の5年生25人は6月25日、同校周辺で景観学習を行った。児童は通学路にある花や建物など好きな景観をタブレット端末で撮影し、街の良さを再発見した。 市が主催。魅力あるまちづくりに貢献している建物や広場などを表彰.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録