レジ袋有料化1年、青森県内マイバッグ広く浸透 8~9割の客が「不要」という店も

有料化から1年が経過し、レジ袋を購入する消費者は減少している(写真はイメージ)=6月下旬、八戸市の三春屋
有料化から1年が経過し、レジ袋を購入する消費者は減少している(写真はイメージ)=6月下旬、八戸市の三春屋
プラスチック製レジ袋が全国の小売店で有料化されて1日で1年を迎えた。青森県内では、スーパーなど一部で先行導入していた効果もあり、買い物の際にマイバッグを持参する人が増加。ある店舗では買い物客の8~9割が袋を不要とし、広く浸透している様子がう.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録