生産性向上に期待 複数の工場情報一元化、北東北の産技センターが連携

センサーを設置した八戸工業研究所の振動試験計。システム構築へ実験を重ねている(同研究所提供)
センサーを設置した八戸工業研究所の振動試験計。システム構築へ実験を重ねている(同研究所提供)
デジタル技術を活用し、遠隔地にある複数の工場の稼働状況をリアルタイムで把握することで生産性向上を図ろうと、青森、岩手、秋田の北東北3県の産業技術センターが連携し、「つながる工場」システムの構築に取り組んでいる。30日は、青森市の青森県産業技.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録