深まる孤立、ロシアと蜜月アピール ミャンマー軍政トップが帰国

 ロシア・モスクワで開かれた国際安全保障会議に出席したミャンマー国軍のミン・アウン・フライン総司令官=23日(ゲッティ=共同)
 ロシア・モスクワで開かれた国際安全保障会議に出席したミャンマー国軍のミン・アウン・フライン総司令官=23日(ゲッティ=共同)
クーデターで全権を掌握したミャンマー国軍のトップが27日夜、約1週間のロシア訪問から帰国した。東南アジアへの影響力拡大の足場としてミャンマーを重視するロシアと、国際社会の承認を見せたい軍政の利害が一致。米欧への対抗という共通の姿勢も示したが.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録