時評(6月29日)

夫婦別姓を認めない民法や戸籍法の規定が憲法違反か争われた家事審判の決定で、最高裁大法廷は規定を「合憲」と判断した。決定は社会情勢の変化を認めながら、明確な理由を示さないまま2015年の最高裁の合憲判決を踏襲、立法府にげたを預けた。司法として.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録