「失語症」サポートに本腰 青森県、7月から支援者養成講座

青森県言語聴覚士会八戸支部が開催する「失語症サロン」の様子。意思疎通支援者を育成することにより、失語症者が積極的に外出できる社会を目指す=2019年8月、八戸市
青森県言語聴覚士会八戸支部が開催する「失語症サロン」の様子。意思疎通支援者を育成することにより、失語症者が積極的に外出できる社会を目指す=2019年8月、八戸市
青森県は本年度、高次脳機能障害の一つ「失語症」の人のサポートに本腰を入れる。7月から意思疎通支援者を養成する講座をスタートさせる方針。失語症者はコミュニケーションに不安を感じている場合も多く、意思疎通支援者を養成することにより、失語症者の社.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録