【緊急宣言解除1週間】緩み鮮明、政権に危機感 「デルタ株」懸念、専門家警鐘

 東京五輪・パラリンピックのバナーが掲げられる渋谷の繁華街を歩く人たち=28日午後
 東京五輪・パラリンピックのバナーが掲げられる渋谷の繁華街を歩く人たち=28日午後
7都道府県が新型コロナウイルス緊急事態宣言からまん延防止等重点措置に移行して1週間が経過し、都市部の人出増など緩みが鮮明となっている。危機感を募らせる菅政権は東京五輪・パラリンピックを控え警戒を強化。インドで最初に確認された変異株「デルタ株.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録