久慈高生、課題研究の指導受ける 探究プログラム、八工大の院生らに

課題研究について大学院生(左)と意見交換する久慈高3年生
課題研究について大学院生(左)と意見交換する久慈高3年生
岩手県立久慈高(中野達博校長)の3年生145人が22日、同校が取り組む探究プログラムでまとめた課題研究について、八戸工業大の教授や大学院生らと意見を交わし、研究内容について指導を受けた。「高大連携」プログラムの一環で、生徒たちは広い視野で物.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録