Free【月刊Dash】「引かない相撲」で8大会ぶり全国Vへ/三農・恵拓高相撲部

三農・恵拓高相撲部
三農・恵拓高相撲部

団体メンバーは6人。2012年以来、8大会ぶりの全国制覇を狙う。チームを引っ張るのは主将の藤田一翔と鈴木大和。青森県高校総体個人100キロ超級決勝で対戦した2人で、全国でも上位を狙える存在だ。藤田主将は「相手を“引かない相撲”が三農・恵拓の持ち味。県王者として自信を持って戦う」と士気は高い。
 (月刊Dash6月号はインターハイに挑む高校生を特集。記事をセレクトしてお届けします)

 同大会の団体では、共に日本一の経験のある五農、弘前実との接戦を制して、全国切符をつかんだ。中でも、藤田、鈴木は2戦とも白星を挙げており、それぞれ、「押し相撲」「左四つ」で相手を圧倒。全国でも活躍の期待がかかる。

 県内で最強を誇る藤田は試合本番まで補欠登録され、試合当日に相手の力量、戦い方を計った上で、先鋒-大将のいずれかに変更起用されることが多い。中村巨樹監督は「メンバー5人がそれぞれの長所を発揮し、取り組みやすいようなオーダーを心掛けている」と話す。

 大将戦までもつれ込む接戦となった場合は1年生大将の活躍も欠かせない。田中智宏は「プレッシャーのかかる大事な場面を任されることが多いが、役割をしっかり果たす。全国でも勝って、先輩たちに恩返しをしたい」と張り切っている。

 …………………………

 ※Dash6月号は本紙発行エリアのコンビニ、伊吉書院、成田本店(青森市内3店含む)、本紙販売店で販売中。津軽地方の方は成田本店がお求めやすいです。 購入フォームは、https://form.daily-tohoku.org/

お気に入り登録