気候変動で「雨量1割増」 国の治水計画全面見直し

 1時間に50ミリを超える雨の発生回数
 1時間に50ミリを超える雨の発生回数
国土交通省が、全国109の1級水系について、気候変動に伴う治水計画の全面見直しに着手した。平均気温が上昇する前提で、想定する雨量を現在の1割増しに設定。ダムや堤防などインフラ強化に加え、安全な場所へ居住を促す取り組みも進めるが、財政面や住民.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録