Freeラグビー本村「チーム引っ張る」 応援に感謝、五輪初戦へ気合

オンラインでの取材に応じる本村直樹((C)JRFU)
オンラインでの取材に応じる本村直樹((C)JRFU)

東京五輪のラグビー男子日本代表に内定した本村直樹(29)=青森県立八戸高出、ホンダヒート=が27日、オンライン取材に応じ、1カ月後に迫った初戦に向けて「自分に関わってくれた方々が笑顔になるプレーをしたい」と意気込みを語った。

 ラグビー男子代表は25日から来月5日まで、札幌市定山渓で合宿を行っている。27日は午前の練習終了後、取材に対応し、チームや個人の仕上がりなどについて質問に答えた。

 本村の代表内定が発表された19日以降、地元・八戸の同級生らから数多くの連絡があったといい、「五輪が歓迎されていないような雰囲気がある中で、たくさん応援されていると知り、うれしかった」と温かいメッセージに対する感謝の思いを述べた。

 チーム内では副キャプテンを担っており「全員がプレーしやすいような声掛けを意識している」と強調。

 個人では、持ち味のスピードを生かしてトライを奪うため「練習から仕掛けていって、仲間に“自分の仕掛け方”を認識してもらえるよう、コミュニケーションを取っていきたい」と今後の課題を語り、「試合ではボールを持って前に出ることでチームを引っ張っていきたい」と力を込めた。

 ラグビー男子の初戦は7月26日。

お気に入り登録