待機児童、75%の自治体で減少 コロナ禍で「預け控え」

 待機児童数の変化、待機児童が減った主な理由
 待機児童数の変化、待機児童が減った主な理由
認可保育所などへの入所を希望しても入れない待機児童について全国の政令市など計61市区町に共同通信が行った調査で、約75%に当たる46自治体で今年4月1日時点の数が昨年4月に比べて減ったことが27日、分かった。約70%に当たる43自治体は、申.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録