東芝、役員体制再建急ぐ 収益の「柱」育成も課題

 東芝の経営を巡る動き
 東芝の経営を巡る動き
取締役会議長だった永山治氏らの再任案が株主総会で否決された東芝は「物言う株主」との対立による混乱収拾へ役員体制の再建を急ぐ。経営悪化で過去に有力事業を売却しており、説得力のある成長戦略を示し、新たな収益の「柱」を育成することも課題となる。 .....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録