天鐘(6月27日)

かつて「痴呆(ちほう)症」と呼ばれ、偏見の目で見られていた脳の器質的障害が「認知症」と言い換えられたのは2004年。今なら患者の尊厳を無視した蔑視極まりない病名だが、17年前はためらいなくそう呼ばれていた▼呼称変更を提唱したのは精神科医で認.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録