「日本一の白樺美林」再生へ ドローンで調査、教育活用も/久慈

国道281号沿いに林立するシラカバ林。久慈市は本年度から本格的な再生事業に着手した=6月上旬、同市山形町
国道281号沿いに林立するシラカバ林。久慈市は本年度から本格的な再生事業に着手した=6月上旬、同市山形町
久慈市の平庭高原を彩る約31万本のシラカバ。面積は約400ヘクタールで、市は「日本一の白樺美林」として全国に売り込んでいるが近年、老齢の木が目立ち、倒木も発生している。自然のままでの生え替わりが難しく、人が管理をしなければ消失する可能性が高.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録